現代のお仏壇事情

終活コラム

現代のお仏壇事情


「あなたの家にお仏壇はありますか?」

さて、みなさんどうでしょうか。 私はというと今一人暮らしをしていますが、実家にもお仏壇は無いんですよ。 ただ父母の実家には、お仏壇は両家ともありますね。

pic-22-1

そんなお仏壇ですが、今どのくらいの人達がお仏壇を自宅に持っているのでしょうか。 家ごとに「お仏壇が家にあるかどうか」アンケートをとってみました。 結果は・・・

[持ち家(一戸建て)の場合]
ある・・・53%
ない・・・47%
[持ち家(マンション・アパート)]
ある・・・19%
ない・・・81%
[賃貸(民間)]
ある・・・15%
ない・・・85%
[賃貸(公営)]
ある・・・11%
ない・・・89%

結果をみると、お仏壇を持っている家は非常に少ない傾向にありますね。 特に賃貸の家に住んでいる家庭ではお仏壇があるところは非常に珍しくなっています。 持ち家の特に一戸建てに多くお仏壇があるところがありますが、最近一戸建てを建てたような家だけをみるとお仏壇を持つ割合はまたグッと下がると思うんですよ。 そう思って、またさらにですね「自宅にお仏壇を持ってない人」に、その後の意向を聞いてみました。

  • 今後お仏壇を置く予定のある人・・・4%
  • 本当はお仏壇を置きたいが置けていない・・・5%
  • お仏壇を今は必要としてはいないが、将来的に置きたいとは思っている・・・45%
  • 将来的にみても、お仏壇を置くつもりがない・・・44%
  • その他・・・2%

という風に分かれました。 結果から見ればお仏壇を今後置く(つもりの)人と、今後もお仏壇を置かない人と半分半分といったところでしょうかね。 まだ半数近くの人が、お仏壇を置く意向があるみたいです。

お仏壇購入時の気になる点

ではでは、その置く意向のある人達にさらにお仏壇を購入するときに気になることは何かを聞いてみました。 ちなみに私は、「大きさ」って答えました。 親が亡くなったときに「お仏壇は欲しい」と思っているんですけど、でも、おじいちゃん家にあるような大きいものはいらないかなって思いましたね。 小さいコンパクトなものを選べば、必然的に値段も少し抑えられると思いますし・・ 値段のことを考えるのはおかしいかなっても思いますけど、実際買おうと思ったら、そこも考えると思うんですよね、現実的に。 でも、「安くて大きい」のはいらないですね。 ってことを考えたら自分はお仏壇を買おうと思ったら「大きさ」をまず一番に考えて選ぶと思います。 みなさんはどう思いますか? さて結果はというと・・・

①大きさ(省スペース)71%
おーーっ! って結果をみたとき思いましたね。一緒ではないかと。笑 やはり、多くの人が最近だと「大きさ」を基準としてお仏壇を選ぶ際に考えている人が多いみたいです。 大きいお仏壇よりも省スペースですから、コンパクトな形を選ぶんですね。
②金額(67%)
2番目には「お仏壇に対する値段」を気にする人が多いことがわかりました。 昔のような一戸建てのように、代々家を継いでいく形も現代では少なくなってきましたから お仏壇も一生モノとは考えない人が増えています。 「できれば安く済ませたい」のも現実的に考えている人は多いです。
③置き場所55%
あー、なるほどっ! これは私にはない考えでした。ですけど、実際購入を考えている人からしたらそうですよね。 この悩みはマンションやアパートに住む人が一番に考える割合が多かったです。 実際に、私の実家はマンションですけど、「どこに置くんだろう」って思いますね。
④お手入れ30%
最後に票を多く集めたのが「お仏壇のお手入れ」 だいぶ現実的になりましたね。ここまで考えている人って「本当に真剣に考えてるなー」って思うのは私だけでしょうか。 でも、実際お仏壇のお手入れって本当に大変なんですよね。 細かい仏具がたくさんあるわけですし、しかも、どれもが繊細にできているわけですよ。 気にせずやると、すぐ細かい傷になってしまうみたいなので気をつけなければなりません。 確かにお仏壇のお手入れに気をかけるのも大事ですね。

それにしてもお仏壇の購入の際に「大きさ」が一番になるのも現代の住宅事情が色こく出た結果となりましたね。

シンプルになるお仏壇

pic-22-2

最近だと、そんなニーズに合わせて現代風のお仏壇もでています。 今の住宅は仏間のない部屋が増えているので、上記の写真のようにあらゆる部屋にマッチするようなお仏壇が流行っているようです。 また狭い家だと大きなお仏壇を置くことはできないので、大きさはコンパクトにしてあり、リビングに置いていても違和感のないようなデザインになっています。 仏具も位牌と写真だけとシンプルな形となっています。 従来のスタイルと比べると、かなり簡素になっていますが、どちらにせよ故人を思う気持ちは変わらないでしょう。 お仏壇もいろいろ見ているととても面白いです。 お墓もそうですが昔の形も趣があっていいですし、今の形も合理的でいいなと思います。 どちらを選ぶかはみなさんの自由です。 いろいろと仏教の歴史も鑑みながら選んでみてはいかがでしょうか。