永代供養墓は従来のお墓より安い?

終活コラム

永代供養墓は従来のお墓より安い?


以前、お墓にも色々種類があり従来のお墓を購入した場合にかかる費用について調べました(「お墓っていくらかかるの?」コラムを参照)。 今回は永代供養墓や納骨堂は、どの位費用がかかるのか紹介しますね。

その前に・・・永代供養墓って?

皆さん、「永代供養墓」って聞いたことありますか? お墓を探していると、一度は目にしたことがある人もいるかと思います。 お墓を建てても後継者がいない場合や、承継するお墓はあるけど自分の代で承継が途切れてしまう場合に、お寺様が親族の変わりに、永代に渡り責任を持って供養と管理してくれます。また金額も従来のお墓より安く済むため、永代供養墓を選ぶ人が年々増加傾向にあります。 永代供養墓にも色々種類があり、どれが永代供養墓?と疑問に思う方もいるかと思います。 基本、従来のお墓以外は納骨堂も含めて、永代供養墓という解釈が一番分かりやすいかと思います。

気になる永代供養墓の金額

納骨堂【20万円~200万円以上】 よくTVなどの特集で紹介されていますよね。機械式だから高いのでは・・と考える人もいるかと思います。一体どの位かかるのでしょうか?
①ロッカー式  費用 20万円~ 外観がコインロッカーと似ていることから「ロッカー式納骨堂」と呼ばれています。
②仏壇式(位牌式) 費用 40万円~ 骨壺を入れる納骨スペースの上段に位牌や仏壇があります 
③自動搬送式 費用 50万円~100万円以上 ICカードなどの認証で参拝場所に遺骨が搬送される形式です。
pic-40-01
合祀墓(合葬墓)【5万円~10万円位】
遺骨を骨壺から取り出し全て合同のお墓に埋葬する方法です。他の人の遺骨と混ざるため遺骨を返してもらう事は出来なくなりますが、費用的には一番安く済みます。
合同墓【10万円~50万円以上】
骨壺ごと一定期間あるいは永代に渡り保管し供養するお墓です。個人墓・夫婦墓・共同墓など様々な種類があり金額も10万円~100万円以上と様々です。
樹木葬【10万円~100万円以上】
お墓の周りに花や木を植えて埋葬するお墓で、樹木葬にも個別タイプ・夫婦墓・共同墓などがあり金額も10万円から高額なものまであります。
pic-40-02

どのお墓も従来のお墓より安く済みそうですが、管理している霊園やお寺・地域によって金額は様々のようです。また複数の納骨が可能な場合は、その分金額が高くなるので、何人でいくら位かかるのかきちんと確認した方が良いですね。

なぜ従来のお墓より安いのか?

従来のお墓に比べ、納骨堂や合祀墓・合同墓・樹木葬はなぜ安いのでしょうか? 何が違うのか疑問に思う方もいるかと思います。 実は・・「墓石代」がかからないためです。 以前のコラム(「お墓を安く購入することは可能?」を参照)でも紹介したように、墓石は石の種類や使用量・加工料によって金額が大幅に変わります。 しかし納骨堂やその他のお墓は「永代使用料」しか費用がうぇ掛からないので、その分従来のお墓より安く購入が出来ます。 また墓石タイプのお墓でなければ、お墓の引っ越し時に墓石の処分費なども費用が抑えられるので、費用を抑えたい方には最適かと思います。

従来のお墓が購入出来なくても・・

「従来のような家墓は、忙しくて管理も大変」「高額で手が届かない」という方もいるかと思います。でも今回ご紹介したように、お墓にも色々種類があり安いお墓から何十万・何百万円するお墓もあります。 メリット・デメリットも調べた上で、皆さんの希望にあったお墓を探して下さいね。

pic-40-03