回向院(えこういん)は東京都荒川区にあるお寺です。


回向院(えこういん)

回向院は、寛文7年(1667)、本所の回向院が牢死者や刑死者等を供養するために、この地に回向院を開創しました。 安政の大獄で獄死した吉田松陰や橋本左内らの墓所があります。 また、杉田玄白や前野良沢らがここで刑死者の腑分けに立会い、それをきっかけに「解体新書」を翻訳したと言われています。これを記念して、本堂入口右手に「観臓記念碑」が建てられています。

回向院(えこういん)の写真
回向院(えこういん)の写真
回向院(えこういん)の写真
回向院(えこういん)の写真
回向院(えこういん)の写真 回向院(えこういん)の写真 回向院(えこういん)の写真 回向院(えこういん)の写真
宗派
浄土宗本派
所在地
東京都荒川区南千住5-33-13
URL
http://ekoin.fusow.net/

交通アクセス

” width=”800″ height=”450″ frameborder=”0″ style=”border:0;” allowfullscreen>

電車でお越しの方

  • ・東京メトロ日比谷線、つくばエクスプレス線「南千住」駅より徒歩3分