円応寺(えんのうじ)は千葉県佐倉市のお寺です。


円応寺(えんのうじ)

円応寺は、釈迦牟尼仏を本尊とするお院です。 円応寺所蔵の「円応寺草創記」によれば、歴応元年(1338)に臼井氏中興の祖である臼井興胤により創建されたとあります。 開山は竹若丸(後の興胤)を養育した鎌倉建長寺の仏国禅師とならび、陰で臼井家の再興を支えた仏真禅師で、師の恩に報いたものです。 以来、臼井氏の菩提寺として崇敬されてきました。寺領は広く風光明媚で知られ、臼井城跡とともに「城嶺夕照」として臼井八景の一つに数えられました。

円応寺(えんのうじ)の写真
円応寺(えんのうじ)の写真
円応寺(えんのうじ)の写真
円応寺(えんのうじ)の写真
円応寺(えんのうじ)の写真 円応寺(えんのうじ)の写真 円応寺(えんのうじ)の写真 円応寺(えんのうじ)の写真
宗派
臨済宗
所在地
千葉県佐倉市臼井田966-1

交通アクセス

電車でお越しの方

  • ・京成本線『京成臼井駅』より徒歩21分
  • ・山万ユーカリが丘線『女子大』より徒歩45分

バス

  • ・ちばグリーンバス(臼井線)『新臼井田』バス停より徒歩20分
  • ・ちばグリーンバス(臼井線)『臼井駅』バス停より徒歩20分

お車でお越しのお客様

  • ・東関東自動車道『四街道IC』より18分