放光寺(ほうこうじ)は埼玉県鴻巣市のお寺です。


元冶元年(1199)、鎌倉幕府の重臣で源頼朝の信頼厚い「安達籐九郎盛長」がこの地に居住し、仏門に入り放光寺の開基となったと伝えられています。放光寺にはこの頃の姿を写す、寄木造り玉目入りの木造が保存されており、県指定文化財にもなっています。イチョウの木は、鴻巣市の保護樹林に指定されています。

放光寺(ほうこうじ)の写真
放光寺(ほうこうじ)の写真
放光寺(ほうこうじ)の写真
放光寺(ほうこうじ)の写真
放光寺(ほうこうじ)の写真
放光寺(ほうこうじ)の写真 放光寺(ほうこうじ)の写真 放光寺(ほうこうじ)の写真 放光寺(ほうこうじ)の写真 放光寺(ほうこうじ)の写真
宗派
真言宗豊山派
所在地
埼玉県鴻巣市糠田1439

納骨墓のご案内

放光寺(ほうこうじ)ののうこつぼの写真

放光寺(ほうこうじ)ののうこつぼの写真

放光寺(ほうこうじ)ののうこつぼの写真

交通アクセス

最寄駅

  • JR高崎線『北鴻巣駅』より鴻巣コミュニティバス(田間宮コース)
    「放光寺裏」バス停より徒歩約1分
  • JR高崎線『鴻巣駅』より鴻巣コミュニティバス(田間宮コース)
    「放光寺裏」バス停より徒歩約1分