眞覚寺(しんかくじ)は東京都昭島市にあるお寺です。


眞覚寺(しんかくじ)

眞覺寺は、八王子市高月町の円通寺の末寺で、長い間、昭島市拝島町の本覚院(拝島大師)が兼務していました。 山号は築当山で、寺号は真覚寺ですが、文化8年(1811)の多摩川の大洪水により流失し、河畔より築地村一村と共に現在地に移住して200年近くになります。 旧本堂の片隅に安置されていた『目黄不動尊』を200年を超える眠りより覚まさせ、世に出しました。

眞覚寺(しんかくじ)の写真
眞覚寺(しんかくじ)の写真
眞覚寺(しんかくじ)の写真
眞覚寺(しんかくじ)の写真
眞覚寺(しんかくじ)の写真 眞覚寺(しんかくじ)の写真 眞覚寺(しんかくじ)の写真 眞覚寺(しんかくじ)の写真
宗派
天台宗
所在地
東京都昭島市玉川町5丁目9番27号

交通アクセス

電車でお越しの方

  • ・JR青梅線『東中神駅』より徒歩11分
  • ・JR青梅線『中神駅』より徒歩11分

バス

  • ・立川バス(立80・立86他)『玉川小学校』バス停より徒歩5分
  • ・立川バス(立85)『公苑西口』バス停より徒歩6分

お車でお越しのお客様

  • ・中央自動車道『八王子IC』より23分