増全寺(ぞうぜんじ)は神奈川県海老名市のお寺です。


福禄寿をお祀りし、毎年元日から節分まで多くの参拝者でにぎわってます。福禄寿は、道教で強く希求される3種の願い(幸福・封禄・長寿)の三徳を具現化したものです。宋の道士天南星の化身や、南極星の化身(南極老人)とされ、七福神の寿老人と同体、異名の神とされています。拝観無料、ご朱印は300円です。

増全寺の写真
増全寺の写真
増全寺の写真
増全寺の写真
増全寺の写真 増全寺の写真 増全寺の写真 増全寺の写真
宗派
浄土宗
所在地
神奈川県海老名市中新田2-15-36
URL
http://www.zouzenji.com/

増全寺の歴史

増全寺の本尊は弥陀三尊、阿弥陀如来は江戸期のもので、慈覚大師作と伝えられます。開山は因公学円上人で、嘉応元年7月15日、開基は鎌倉末期の領主、海老名源八衛広綱とされ、法名の無量院殿龍池増全大居土から山院寺号が付けられ、龍池山無量院増全寺といいます。

交通アクセス

最寄駅

JR相模線、小田急小田原線、『厚木駅』より徒歩10分

バス

神奈川中央交通(長16)、『中新田小学校前』バス停より徒歩8分

神奈川交通(長16)、『社家入口』バス停より徒歩9分

神奈川中央交通(長16)、相鉄バス(綾31)、『みずほ団地前』バス停より12分

お車でお越しのお客様

首都圏中央連絡自動車道『海老名IC』より5分