永代供養で安心の「のうこつぼ・納骨墓」

電話番号

永代供養で安心の「のうこつぼ・納骨墓」

納骨墓とは

一昔前までは納骨堂というと、お墓が出来るまで一時的に借りる施設のようなイメージでしたが、近年では宗派も問わない、後を次ぐ人がいなくても永代まで供養してくれるお墓として注目されています。

納骨堂をめぐる今後の展開

日本人の死生観は独特なものがありますが、昔から死者の弔いには綺麗でしっかりとしたお墓を作ることが伝統となっていました。しかし死生観というものは世相や時代に応じて変わってくるようになり、特に最近のお墓事情は核家族化や都市部での生活が影響をしてきており、これによって納骨堂の需要が増えてきているのです。

元々は境内の隅などに一時保管場所として作られたのが納骨堂でしたが、最近の利用者や寺院側の需要と供給が一致しつつあることから恒久的に保管する場所として作り変える寺院も少なくないのです。納骨堂の利用者側のメリットとしてはまず何と言ってもその費用がお墓よりも安いという点があります。 お墓に関しては土地代も掛かるためになにかと高額になりがちですが、納骨堂はそれよりもリーズナブルとなっています。納骨堂の種類に関しては仏壇式、墓石式、ロッカー式、機械式、位牌式、合葬式などがありますが、従来のものとして抵抗が少ないものは仏壇式や位牌式や墓石式や合葬式が人気となっています。ロッカー式や機械式はいかにも現代的なものとなっていますが、これらの納骨堂のメリットはそのコンパクトなスペースで清潔感があり、個人でメンテナンスなどをしなくても良いという点があります。

また納骨堂はアクセス性が良い場所にコンパクトに建てられるというメリットがあり、これは都心部などに住んでいる方からは好評となっています。納骨堂に関してはまた宗派や宗教を問わずに受け入れてくれるというところも多いので、これらの点からも納骨堂は現代人のライフスタイルに合ったものとして人気が出てきているのです。

では実際に寺院側としてはこの納骨堂というのはどういう風にとらえられているのでしょうか。寺院側に関してはその収入を古くから檀家というシステムで行ってきたのですが、結構な高額であることもあり、また上述のような要望のもあるために最近の檀家の選択に関しては昔よりかは自由になっていることも多いそうです。

現代におけるライフスタイルはコンビニエンスを求めるという傾向があり、これによって納骨堂などのメリットが利用者側にとっても大きくなっているのですが、しかし一方で質という面では檀家などでしっかりとお墓を作る人もまだまだいます。大切なのはしっかりと寺院側とまず相談をすることであり、将来的には選択肢の自由としてお墓も納骨堂も平等に選べるようにります。またイメージ的にも納骨堂の利用は良くなっていく傾向となるでしょう。

永代供養のメリット・デメリット

全国にない施設のため格差が大きい

現在は、地域によって利用できるサービスと利用でいないサービスに分かれていて、知っているところは認知されている、知られていないところでは全く認知されていないような状況が生まれています。これは納骨堂というサービスが、日本全国で取り扱われていないためです。寺院側としては負担が大きいために、どうしても施設を作ることをためらう傾向にあります。管理をすることが非常に厳しく、提携してもらっているとしても仕事が増えてしまうからです。

そのため都市部などには納骨堂がそれなりにあるものの、地方だと全く納骨堂がないところもあります。利用者とすれば、永代供養を考えている家庭も増えつつありますが、その場合は寺院にお願いして管理をすることしかできないのです。地方にとって、納骨堂というサービス自体が使えないことによって、そのサービス自体を認知していない人がかなり多いことも事実です。こうして現在の状況とすれば、都会では利用できるサービスの1つとして知られ、地方では使えないところでは全く知られない問題点が生まれています。

これから納骨堂を作る場所は、主に地方が中心になるかもしれません。都市部では徐々に増えつつありますし、寺院による管理も行われるようになり、現状として納骨堂は十分な数が用意されています。足りない場合でも作ることのできる場所はある程度書くできており、都市部ではそれなりに使える状況が生まれています。しかし地方では納骨堂がありませんので、サービスを使ってもらうこと、そして永代供養に関する施設が不足しています。

まずは納骨堂を作って、実際にこうしたサービスも用意されていることを知ってもらう必要があります。大手の会社が参入したり、納骨堂として参入しようと考えている企業は生まれているので、後はそのサービスが地方に作られて、認知されるようになれば使われることは多くなります。とにかく地方では墓の管理をすることが難しく、場合によっては管理する人もいなくなってしまったという問題があり、これから需要は高まる一方です。

遺骨を管理すること、そしていつまでも供養してもらえるような状況を作ることはとても大事になっています。納骨堂は今後さらなる施設拡大、そして地方への波及を中心に考えていくと、利用者としては非常にありがたい面もあります。寺院側としては、提携してもらえる納骨堂が生まれてくることで、管理の仕事が増えることのメリット、デメリットが生まれてくることがあるかもしれません。

永代供養のメリット・デメリット

納骨堂がメジャーになりつつある現状

納骨堂というと少し前までは、抵抗がある人が多かったと思います。もちろん今だって多いとは思うのですが、以前ほどではないと思います。というよりも、考えざるをえなくなってきているのではないでしょうか。

利用者側からすると、墓の世話をしてくれる人がいない、迷惑をかけたくないという人が多いように感じます。確かに、お世話をする人がいない以上、お墓があっても困る人は多いのかもしれません。それなら納骨堂に、という考えが増えるのも頷けます。

今までだったらお墓にというのが当たり前だったわけですが、その当たり前が当たり前でなくなってきました。もちろん以前から納骨堂を利用していた人はいたわけですが、極少数だったように感じます。ですが、以前より利用者はぐっと増えているように感じますし、きっとこれからも増えていくのでしょう。

となると大変なのは寺院です。今までのやり方では成り立たなくなってしまいます。それでも、まだ大きなところはやっていけるかもしれませんが、小さなところとなるとだんだん経営が厳しくなってきてしまうかもしれません。お墓を購入する人も減っていくでしょうし、今あってももう取っ払う人も増えてくるでしょう。今の状態をキープするといのは、中々難しいことかもしれません。このままだと、お墓というものが無くなってしまうかも知れません。もちろん今すぐにというわけではないと思いますが、いずれはありえるかもしれません今後、納骨に関してはどんどん状況が変わっていくでしょうし、もしかしたら納骨堂が一般的になっていくのかもしれません。

納骨堂についてよく知らないという人もいるとは思いますが、調べてみると結構出てきます。ビルに入っている場合も珍しくありません。お墓参りのついてに食事や旅行なんて人もいたかもしれませんが、納骨堂の帰りに食事や旅行なんて人も増えるかもしれません。

また、都心部に住んでいる人でお墓が田舎にあり行くのが大変だという人は、行きやすい納骨堂に移しても良いのかもしれません。全然行けなくて自己嫌悪に陥ったりするよりは、行きやすい納骨堂に移して年に何回か行くというふうにすれば良いと思います。行きやすい場所にすれば、自分も子供も行くのがあまり苦にならないと思います。寺院側からしたら今はピンチかもしれませんが、だからこそ今、今後どうするべきか考えるときではないでしょうか。時代は今、確実に移り変わっているのです。

永代供養のメリット・デメリット

納骨堂はお墓よりも手がかかりません

【実際に納骨堂をご利用いただいているお客様より】
私は祖父の代から納骨堂を使っていますが、納骨堂はお墓よりも手がかからず便利だと思います。友達はお墓があるので、お墓まいりの時には草取りをしたり、墓石を拭いたり掃除をしたりと大変そうですが、納骨堂はちょっとほこりを払うくらいで済むので、とても簡単です。

私の納骨堂があるお寺では、古い納骨堂だったのですが、老朽化が進んで新しい納骨堂を建てることになって、新しい納骨堂に移るには新しい納骨堂のスペースを買う必要がありました。その費用は80万円でしたが、納骨堂がないと困るのでなんとか工面して新しい納骨堂を買うことにしました。

納骨堂に行くのは、初盆や1周忌、3周忌、7周忌などの特別な時だけで、他の時には行くことがありません。お墓と違って、掃除をしなくてもいいので、なかなか行くことがありません。 今の納骨堂はお寺が管理してくれているので、私は家で仏壇に手をあわせるくらいで、納骨堂に行っても、することがないので、命日に行くことくらいで他には特別なことは何もしません。 これから先は納骨堂が主流になるのではないかと思います。お墓は手入れが大変ですし、土地がなかなかなくて、遠いところの墓地にお墓を作ったりしたら、行ったり帰ったりするのが大変ですから、近くにあるお寺の納骨堂が便利なのです。

家の納骨堂は私が世話をしているだけで、その次の代がありません。私は独身で子供がいないですし、兄弟もいません。ですから私が死んだ後は納骨堂はお寺に任せるしかありません。お墓だったら草がぼうぼうと生えて、みっともないことになるのですが、後継ぎがいない場合、お寺に供養してもらえるので、その点が気が楽です。

納骨堂を世話しているのは私だけなので、先日の父の3回忌の時にもお寺でお経を上げてもらいましたが、お参りをするのも私一人だけなので、なんだか寂しい感じがします。子供がいたり、甥っ子や姪っ子がいたら私が死んだ後も納骨堂の面倒を見てもらうことができるのですが、私一人なので、私が死んだ後はどうなるのかさっぱりわかりません。 納骨堂は狭いスペースでお参りができますし、掃除らしいことをする必要もないのですが、お線香を立てるスペースもなくて、手をあわせるだけになります。お供え物も持ち帰るようにと書いてありますので、ほんの短時間お供えして引き上げることになります。父が亡くなる前までは家にお坊さんが来てお経をあげてくれていましたが、父が亡くなってからはお寺の納骨堂でお経を上げてもらっています。

永代供養のメリット・デメリット