心源院(しんげんいん)は東京都八王子市のお寺です。

参道にある古い建物は室町時代のものといわれ、総門は四脚門といい大変珍しいといわれています。昭和20年の八王子大空襲で七堂伽藍の全てを焼失し、その時火あぶりになった枝垂れ桜は幹が空洞ですが春にはみごとな花を咲かせています。本堂左、北の斜面には百以上のカタクリの花や野草が咲き、秋にはいちょう・もみじが美しく演出してくれます。

心源院の写真
心源院の写真
心源院の写真
心源院の写真
心源院の写真
心源院の写真
心源院の写真
心源院の写真 心源院の写真 心源院の写真 心源院の写真 心源院の写真 心源院の写真 心源院の写真
宗派
曹洞宗
所在地
東京都八王子市下恩方町1970
URL

心源院の歴史

心源院の開創は、延喜年間(901~923)と云われています。古い建物で室町時代のものといわれる参道にある総門は四脚門といい大変珍しいといわれています。八王子三十三観音第三番札所で、智定律師が律宗の寺として創建した一字を醍醐天皇が官寺にし、心源鎮静護国院と改めました。現本堂は戦災にて焼失したものを昭和四十七年に再建したものです。

心源院ののうこつぼ

心源院ののうこつぼ

心源院ののうこつぼ

心源院ののうこつぼ

交通アクセス

最寄駅

JR中央線、京王電鉄高尾線『高尾駅』より車で12分 JR八高線、JR川越線、JR中央線、JR横浜線、JR相模線『八王子駅』より車で23分

バス

西東京バス(霊園31・陣05)『上川原宿』バス停より徒歩4分 西東京バス(医01・霊園21・霊園31)『川原宿大橋』バス停より徒歩4分

お車でお越しのお客様

お問い合わせください。