薬王寺(やくおうじ)は神奈川県鎌倉市のお寺です。


薬王寺(やくおうじ)

元は真言宗寺院で夜光寺と称しましたが日像聖人により日蓮宗に改宗し、その後中興開山の日達聖人によって大乗山薬王寺となりました。 江戸時代には、徳川家との縁が深く、寺紋にも「三葉葵」が使われたため、庶民の埋葬は許可されない格式の高い寺院でした。 江戸幕府三代将軍徳川家光公の弟で駿河大納言忠長公の供養塔があり、 本堂に奉安されている日蓮大聖人像は、1834年(天保5年)、将軍家斉公の命によって造られた裸像で、本物の法衣袈裟をまとわれていて、六月と十月に更衣式が行われます。

薬王寺(やくおうじ)の写真
薬王寺(やくおうじ)の写真
薬王寺(やくおうじ)の写真
薬王寺(やくおうじ)の写真
薬王寺(やくおうじ)の写真 薬王寺(やくおうじ)の写真 薬王寺(やくおうじ)の写真 薬王寺(やくおうじ)の写真
宗派
日蓮宗
所在地
神奈川県鎌倉市扇ヶ谷3-5-1
URL
http://www.kamakura-yakuouji.com/

納骨墓のご案内

薬王寺(やくおうじ)ののうこつぼ

薬王寺(やくおうじ)ののうこつぼ

薬王寺(やくおうじ)ののうこつぼ

交通アクセス

電車でお越しの方

  • ・JR横須賀線・江ノ島電鉄線「鎌倉駅」徒歩13分
  • ・JR横須賀線「北鎌倉駅」徒歩15分

お車でお越しのお客様

  • ・横浜横須賀道路「朝比奈IC」車で12分