納骨堂は私たちの生活に欠かせないものになってきました

終活コラム

納骨堂は私たちの生活に欠かせないものになってきました


納骨堂は室内などに遺骨を納めるところとして、最近多くの方が利用するようになりました。

形式は多種多様でロッカー式のものをはじめ、納骨堂の建物のなかに墓石を置くもの(室内墓所)、また、上段には仏壇や位牌・下段には遺骨を置くスペースがある納骨壇など、さまざまなタイプがあります。 形式も様々で、大きく分けると仏壇式、ロッカー式、機械式、位牌式、合葬式の5つに分けられます。さらに建物も近代的なビルの中にある場合もあり、お参りする際はカードや暗証番号で管理されています。

しかし、一昔前はなかなか世の中に浸透していかなかった納骨堂ですが、なぜこのように一般的になっていったのでしょう? それは私たちの生活スタイルが変化し、納骨堂が必要になってきたからではないでしょうか?それではなぜ納骨堂が必要になってきたのかを「メリット」「デメリット」でみてみましょう!

  1. メリット
  2. 1.土地・スペース不足解消
  3. 2.価格が安い
  4. 3.すぐに納骨できる
  5. 4.檀家になることを強制しない寺もある
  6. 5.天候に左右されず参拝できる

 

  1. デメリット
  2. 2.合葬式の場合は遺骨が他人と混ざる
  3. 3.ロッカー式の場合は人数に制限
  4. 4.機械式の場合は遺骨は表に出ない
  5. 5.仏壇式はやや費用が高い

 

1番のメリットはスペースの問題が解消されるということのようですね。現実問題として都内のお寺の墓地は満杯状態でなかなか入れないのが現実です。そしてなによりコンパクトにすることで、価格が抑えられお墓の購入がしやすくなったということでなないかと思います。 現実、購入者の中には「そろそろお墓を準備したい」「今から高額なローンは組めない」などで困っていた方も多いようです。 もちろんすべて良いとは言い切れない部分もありますが、納骨堂は私たちの生活に欠かせないものになっているもの事実です。