浄土宗

浄福寺

浄福寺(じょうふくじ)は兵庫県神戸市のお寺です

ペット墓のある寺院ペット専用
浄福寺( じょうふくじ)
浄福寺( じょうふくじ)
浄福寺( じょうふくじ)
浄福寺( じょうふくじ)
浄福寺( じょうふくじ)
浄福寺( じょうふくじ)
浄福寺( じょうふくじ)
浄福寺( じょうふくじ)
浄福寺( じょうふくじ)
浄福寺( じょうふくじ)
浄福寺( じょうふくじ) 浄福寺( じょうふくじ) 浄福寺( じょうふくじ) 浄福寺( じょうふくじ) 浄福寺( じょうふくじ) 浄福寺( じょうふくじ) 浄福寺( じょうふくじ) 浄福寺( じょうふくじ) 浄福寺( じょうふくじ) 浄福寺( じょうふくじ)
宗派
浄土宗
所在地
兵庫県神戸市中央区北野町4-1-19
URL

浄福寺の歴史

北野町3丁目字赤田にあり、元来真言奈で6代あるとい えども詳細不明で、行響(恋文12年 10 月 19 日遷化、今年 で 348 回忌)が浄土宗で開山、元文4年(1739)火災に罹り、 第6世築の代に現在地に再延と伝えられている。 明治8年(1875) 12月当時より出火、本際・過去帳を残し 焼失。翌年18世気特代に仮本堂、感想を選立。明治19年古 営を購入し再燃。同32年に地蔵菩、曼茶羅堂を、同35年に 蘊楼門を建立。同44 年に 21 世突代に隣接地 (128 坪)を購 入。大正 11 ~ 13 年に保談建造物である河州観心寺の仏殿を 模範とし、用材は耐久強力を旨とし天平年間の古式の型をと り、本営と感想を再臨簡諾な形式の浄土宗の本堂で、向坪 の虹梁形駅費水準及び、挿肘木に大仏機形をもつ形式は珍しい(神戸市教育委国会文化財)。なお本堅想石塚は伝統的雄造物に指定されている。

地図

交通アクセス

最寄駅

JR・阪急神戸線 『三ノ宮駅』『新神戸駅』より徒歩11分

バス

シティループバス 『北野異人館バス停』より徒歩5分

お車でお越しのお客様

阪神3号神戸線 『京橋IIC』より車で12分
のうこつぼを探す

どんなことでも
お気軽にお問い合わせください。

オンライン資料のお申し込み 資料請求・お問い合わせ LINEでのお問い合わせ