高野山真言宗

東漸寺

東漸寺(とうぜんじ)は神奈川県横浜市都筑区のお寺です

サブスクのお墓
東漸寺(とうぜんじ)
東漸寺(とうぜんじ)
東漸寺(とうぜんじ)
東漸寺(とうぜんじ)
東漸寺(とうぜんじ)
東漸寺(とうぜんじ)
東漸寺(とうぜんじ)
東漸寺(とうぜんじ)
東漸寺(とうぜんじ)
東漸寺(とうぜんじ)
東漸寺(とうぜんじ)
東漸寺(とうぜんじ)
東漸寺(とうぜんじ)
東漸寺(とうぜんじ)
東漸寺(とうぜんじ) 東漸寺(とうぜんじ) 東漸寺(とうぜんじ) 東漸寺(とうぜんじ) 東漸寺(とうぜんじ) 東漸寺(とうぜんじ) 東漸寺(とうぜんじ) 東漸寺(とうぜんじ) 東漸寺(とうぜんじ) 東漸寺(とうぜんじ) 東漸寺(とうぜんじ) 東漸寺(とうぜんじ) 東漸寺(とうぜんじ) 東漸寺(とうぜんじ)
宗派
高野山真言宗
所在地
神奈川県横浜市都筑区佐江戸町2240

歴史

東漸寺は奈良時代の天平13年(741年)、東大寺の大仏建立に尽力された行基が関東に布教に訪れた際、この場所に草庵を結び、文殊菩薩(文殊堂本尊)を謹刻し奉安されたことが開基とされます。

東海道の脇道、中原街道に接していることから近郷近在の人々の信仰を集め、江戸時代前期には頻繁に仏像の修復開眼が行われ、時の名僧「淨厳和尚」を招いて仏さまと縁を結ぶ「結縁灌頂」を厳修しています。江戸幕府から朱印地五石を賜り、杉山神社(東漸寺鎮守社)や山王社、稲荷社の別当職を兼ね、当時の領主であった竹尾公の墓所もあり隆盛を極めていました。

現本堂は、昭和40年代に建立された伝統的な木造建築で、向拝の彫刻は目を見張るものがあります。現在のご本尊は出世不動尊として信仰され、行基作の文殊菩薩は、智慧の文殊として学業成就や受験祈願の方などがお参りされます。

交通アクセス

最寄駅

JR横浜線「鴨居駅」より徒歩20分

横浜市営地下鉄「川和町駅」より徒歩25分

バス

東急田園都市線「市が尾駅」よりバス15分

東急バス「佐江戸」バス停より徒歩2分

お車でお越しのお客様

第三京浜「港北IC」、「都筑IC」より車で10分

東名高速「青葉IC」より車で15分

のうこつぼを探す

どんなことでも
お気軽にお問い合わせください。

オンライン資料のお申し込み 資料請求・お問い合わせ LINEでのお問い合わせ