曹洞宗

天澤寺

天澤寺(てんたくじ)は山形県鶴岡市のお寺です

天澤寺(てんたくじ)
天澤寺(てんたくじ)
天澤寺(てんたくじ)
天澤寺(てんたくじ)
天澤寺(てんたくじ)
天澤寺(てんたくじ)
天澤寺(てんたくじ)
天澤寺(てんたくじ)
天澤寺(てんたくじ)
天澤寺(てんたくじ)
天澤寺(てんたくじ)
天澤寺(てんたくじ)
天澤寺(てんたくじ)
天澤寺(てんたくじ)
天澤寺(てんたくじ)
天澤寺(てんたくじ)
天澤寺(てんたくじ)
天澤寺(てんたくじ)
天澤寺(てんたくじ) 天澤寺(てんたくじ) 天澤寺(てんたくじ) 天澤寺(てんたくじ) 天澤寺(てんたくじ) 天澤寺(てんたくじ) 天澤寺(てんたくじ) 天澤寺(てんたくじ) 天澤寺(てんたくじ) 天澤寺(てんたくじ) 天澤寺(てんたくじ) 天澤寺(てんたくじ) 天澤寺(てんたくじ) 天澤寺(てんたくじ) 天澤寺(てんたくじ) 天澤寺(てんたくじ) 天澤寺(てんたくじ) 天澤寺(てんたくじ)
宗派
曹洞宗
所在地
山形県鶴岡市丸岡町の内36
URL

歴史

天澤寺は曹洞宗のお寺です。その創建は天正年間、武藤丸岡兵庫義興の招請で越後村上大葉山普済寺五世安嶽守康大和尚を開山とします。二世玉岩祖川が中心となり諸堂を整備し末寺三ヵ寺の開山となります。

寛永9年(1632年)徳川幕府は加藤清正公の嫡子である加藤忠廣公を改易し庄内藩に預け、城跡に丸岡館(忠廣館)を構え、忠廣公はこの地で22年間を過ごしましたが、忠廣母子は父君清正公の御尊骨を熊本から庄内丸岡に保持しました。

清正公の墓碑は本堂北側に安置され、昭和38年には調査終了後に丸岡城跡及び加藤清正公墓碑として山形県指定史跡に指定されました。市では歴史ロマンをしのぶ史跡として平成19年より史跡公園事業を行い平成29年に完成しました。

加藤家終焉の地として史実と共に「清正公が眠る菩提寺」として多くの参拝者が訪れ、参道には禅の思想を具体化した十六大阿羅漢が迎え、加藤清正公墓碑(五輪塔)や清正閣をはじめ、綴錦織の世界的巨匠の遠藤虚籟の糸塚などがあり、境内の大いちょうの木が黄金に輝きます。

 

交通アクセス

バス

エスモール・鶴岡駅前-大鳥[庄内交通]『茶屋川原バス停』より徒歩12分

お車でお越しのお客様

JR羽越本線『鶴岡駅』より15分

のうこつぼを探す

どんなことでも
お気軽にお問い合わせください。

オンライン資料のお申し込み 資料請求・お問い合わせ LINEでのお問い合わせ