永代供養墓のことなら「のうこつぼ・納骨墓」 

電話番号


  • 安心の永代供養
    のうこつぼは、永代供養がついた個別墓です。また従来のお墓のように屋外に設置されています。
  • 墓石代不要
    のうこつぼは、すでに設置されているので墓石代が不要、すぐに納骨されたい方にも対応しています。
  • 宗派不問
    のうこつぼは、跡継ぎが居らっしゃらない方、また宗派、国籍は問いませんので、どなたでも利用可能です。
  • 寺院を選べる
    のうこつぼは、都内を中心に、神奈川、千葉、埼玉の寺院に設置されております。アクセスも大変便利です。

一般墓地との比較

永代供養について

のうこつぼの使用料

のうこつぼはすでに設置されているので、お住いの近くの寺院でお申し込みいただけます。1霊498,000円から納骨いただけます。費用には墓石代・工事代・永代供養料を含みます。

納骨例

一室につき四霊まで納骨していただけます。
のうこつぼは予め建立されておりますので墓石代はかかりません。
年間管理費とは納骨墓や寺院の管理運営、主に清掃などに使用される費用です。


のうこつぼをご案内します

のうこつぼのタイプ

「のうこつぼ」は、各寺院により形状(デザイン)が異なります。お近くの寺院にご希望の形状の「のうこうつぼ」が設置されていない場合もございますのでご了承ください。またご希望の形状をお探しすることも可能ですのでお問い合わせくださいませ。

納骨までの流れ

のうこつぼを購入された方々

兵庫県西宮市 N様

何かあった時のためにお墓を準備しておこうと思い、お墓を探していたN様。
最初、霊園を希望していましたが、成人して家を出た子供達から郊外だとお参りにしに行くのが大変だとの大ブーイングがあったそうです。
そこで全員がアクセスの良い場所にお墓はないかと探していた時に、永代供養墓「のうこつぼ・納骨墓」を見つけたそうです。
「初めてみるお墓の形なので、最初は違和感がありましたが、費用も予算内で何よりも家族の希望通りの立地にお墓が見つかったので安心しました。ご住職様も話しやすい方でここに決めてよかったです」と奥様と楽しそうにお話しして下さいました。

東京都新宿区 O様

ご実家のお墓が遠く、「最近では一年に一回行ければ良い方です」と、おっしゃっていたO様。
今、こういったお悩みをお持ちのお客様が増えてきております。 O様のお子様たちも独立され、都内に在住ということで、将来お子様達がお参りされるのに遠くだと申し訳ないとのことで、永代供養墓「のうこつぼ・納骨墓」を購入されたそうです。

兵庫県尼崎市S様

「いつも旦那に頼っていたので、どうしたらいいのか分からなくて・・」 旦那様に先に逝かれ、途方にくれていたS様。
納骨してきちんと供養してあげたいと思ったものの、お墓を準備していなくどうすればいいのかと迷っていたそうです。 そんな時インターネットで永代供養墓の「のうこつぼ・納骨墓」を知り、担当の方から自宅近くのお寺を紹介してもらったそうです。
「一人で心細い中、一つ一つ丁寧に社員さんが教えて下さり、とても感謝しています。 無事、旦那を供養出来るお墓が見つかって本当良かったです。ありがとうございます。」と旦那様のお墓の前で幸せそうな様子でお話ししてくださいました。

お役立ち情報

埋葬料の受給手続き

亡くなった方が会社員などで健康保険に加入していた場合、「埋葬料」というものが支給されます。また亡くなった方が個人事業主などで、健康保険ではなく、国民健康保険に加入していた場合は、埋葬料ではなく「葬祭費」という名目で埋葬料と同様に支給されます。時効はどちらも2年です。これは申請をしないと支給されないので、知らないと損をすることになります。みなさんはこの「埋葬料(葬祭費)」の存在を知っていましたでしょうか?・・・続きを読む

名義変更と相続手続き

故人が亡くなった悲しみを抱えつつ、葬儀や法要をこなしていくというのは非常に大変なことであります。しかし、それだけではなく遺族の方は故人の相続手続きや名義変更の手続きも同時にしていかなければなりません。故人の名義である銀行口座・クレジットカード・生命保険・携帯電話・インターネット・自動車・証券・不動産・年金など、変更しなくてはいけなものは非常に多岐にわたります。続きを読む

家族が亡くなった時の年金・保険の手続きについて

お葬式・お通夜・法要が終わり、ひと段落したと思ったら、悲しみに浸る時間もなく、様々な手続きに追われます。何を申請し、必要な書類は何なのか?初めて行う手続きなので、戸惑うこともあるかと思います。そこで今回は、各種手続き(年金・保険など)についてご紹介したいと思います。続きを読む

年忌法要の準備・費用について

以前、年忌法要について簡単に触れましたが、ここでは当日の準備などについてお話ししますね。亡くなった人を偲び、供養を行う事で忌明けとなった後の供養を「年忌法要」と言います。年忌法要は命日に行うことが基本ですが、皆さんの都合で休日にやることが多いと思います。そのような場合、命日より早い日にちに行うと縁起が良いとされています。続きを読む