従来のお墓のスタイルに近い
マンションのような集合型のお墓

現代だから、家の近くで「密」を避けたお墓参りができる、
“永代供養”の新しい形

お墓のお引っ越しもご安心ください。

のうこつぼだから3つの安心

家の近くで安心

全国160ヶ所以上のお寺と提携
のうこつぼは全国約160箇所のお寺に建設されています。現代の暮らしの多様性に合わせながら、大切な方のお墓参りを家の近くですることができます。

お墓の購入費用が安心

一室 498,000円より
のうこつぼは、都内であっても一檀498,000円より提供しており、4~5名さまの遺骨を納めることができます。「お墓の価格」に不安を抱えるお客さまのご要望に寄り添います。

お墓の維持も安心

お寺が見守る永代供養
のうこつぼは従来のお墓と同様に、由緒あるお寺が見守る永代供養墓です。お寺によってその姿形は異なり意味深くつくられおり、お寺が一室一室大切に管理しています。

はじめてお墓を購入する方へ

埋葬方法はどんどん多様化しています

お墓の選び方

一般墓が主流だった一昔前に比べて、現在は様々な手法での埋葬が増えています。
7種類ある主流な埋葬方法をご紹介。
また、お墓選びでどんなことが重視されているのか?費用の目安は?など役立つ情報が満載です。

はじめてのことで分からない方へ

お葬式の手順

近親者がご逝去される悲しい出来事は、一生に何度も訪れるものではありません。そのため、亡くなられてから葬儀、納骨、その後の法事・法要の数々まで、すべての流れや手順を把握している方は少ないものです。日本では90%以上の方が葬儀等を仏式で行っています。仏式による、亡くなられてから五十回忌法要までの手順、標準的なスケジュールを一覧にいたしました。

お問い合わせ・ご相談・お見積もりは無料です。
お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

Q「納骨堂」との違いは?
納骨堂とは屋内(建物内)でお骨を管理しますが、「のうこつぼ・納骨墓」は屋外のお墓と同じように境内で管理します。納骨堂は、高額な設備投資をかけて行うため合理的な側面がありますが、「のうこつぼ・納骨墓」は日本古来の方法で心や文化を大切にしています。また、新型コロナ対策として、3密やソーシャルディスタンス等も屋外だから対応可能です。
Q永代供養とは何ですか?
お墓参りができない人に代わって、あるいはお墓参りしてくれる人がいなくても、代わりにお寺が責任を持って永代にわたって供養してもらえることです。
Qのうこつぼの見学はできるのですか?
いつでも見学していただけます。見学ご希望日時をご連絡ください。
Qひとつの納骨室に何霊位入るのですか?
納骨室(カロートと言います)には、1~4霊位可能です。
Q合祀はいつ行われるのですか?
33回忌を終えた時点です。

メディア掲載情報

NEWS TV 「【信法寺】住職様インタビュー」
2021年3月1日

新潟テレビ「のうこつぼ」特集
2020年10月15日

テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
2017年8月23日

テレビ朝日 スーパーJチャンネル
2017年8月17日

お問い合わせ・ご相談・お見積もりは無料です。
お気軽にお問い合わせください。

ハワイのお墓

Hawaiiのお墓
(ペットも可)

シティ記念公園内(ホノルル)の日本人墓地エリアにて販売開始。
無料見学も開催しております。(要予約)

ペットのお墓

ペットのお墓

「毎日の暮らしの中で末永く見守っていきたい」
「人間と同じように供養したい」そんなお声に応えました。